低俗なホラーが割と読み放題! ホラー漫画家・神田森莉のホラー漫画や小説を紹介します。公式サイト。
WebMaster様へ RSS キンドルストア eBooksJapan DMM パブー
HamsterBooks 人気記事
[小説] [キチガイ漫画] [ホラー漫画] [レディスコミック] [ファンタジー漫画] [サスペンス漫画] [無料漫画] [SF漫画] [一般作品漫画] [低俗漫画] [4コマ漫画]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭からやり直し。

『ウンコキラー』

・ウンコ殺人事件

 あなおそろしや。あなおそろしや。ここは呪われた街、代田橋である。呪われてるだけあって、ろくなことが起きない。
「ああ、漏れる漏れる……。おしっこが漏れてしまう……」と身もふたもないことをつぶやきながら小走りに歩いているのは、豊満な女子大生である。北林まどか、20歳。歩くたびに爆乳がブルンブルンと揺れる。
「これはいけない。このままでは、口からおしっこが吹き出てきて死んでしまうわ……」青い顔で北林まどかは考えた。こんなことになるなら、代田橋の汚い駅のトイレで用を足せばよかった。でも、なんとなく家のトイレで間に合うような気がして、駅の改札を出てしまったのだ。
 今日はバイトの帰りだった。深夜11時過ぎ。呪われた街、代田橋と言われるだけあって、こんな遅い時間帯になると通りにひとけはない。
 夜道を急ぐ巨乳女子大生の前に青いタイルの古い巨大なマンションが現れた。ステーションヒルズ代田橋。陰気なビルである。近所では幽霊マンションと呼ばれている。かつては、どうどうとした高級分譲マンションだった。ところが60年近い月日が経つうちに、テナントも住民もほとんど出て行っていなくなった。残っている住人は棺桶に片足が入ってる老人ばかり。こうなると管理費の名目で積み立てられるマンションの修繕費が集まらない。高すぎて払えないのだ。
 かくして大型マンションの老朽化は進む。一階と地階はマンションや近所の住人に便利な商店街になる筈だったが、こんな状況なのでテナントがどんどん出て行き、今では一階にコンビニと激安八百屋があるだけ。地階は倉庫に使ってる会社がいくつかあるが、あとはぜんぶ空きテナントになっている。
 たまに不動産屋から購入希望者が見に来ても、価格のわりに薄汚い外観を見てがっかりし、さらに割高な管理費と積み立て修繕費を知ってあきらめて帰ってしまう。おかげで今ではすっかり不気味な要塞のような建物になってしまった。このビルについてのネットの書き込みを見ても『出る』とか『怖い』とか、そういう話ばかりである。
 この地下のフロアに公衆トイレがあることを、北林まどかは思い出した。入るのはいやだったが他に選択肢はない。街頭でおもらしをするか、幽霊マンションでおしっこをするかである。北林まどかは幽霊にも親切心があって、失禁しそうな女性には悪事を働かないでいてくれる……、そんな幽霊の性善説を期待して、コンビニの横にある薄暗い階段を降りて行った。
  さいわいにもトイレは階段を降りてすぐのところにあった。夜中はドアに鍵がかかってるのではないか、とふと思いついたが、管理人がもう管理を放置してるのか、ドアノブを回すとふつうに開いた。
「ふう」大きな障害はクリア。北林まどかは一安心した。安心した途端に漏れそうになってきたので、パンツを下げてあわてて便座に座る。
 じょおおおおおお、じょぼじょぼじょぼ。
 大量の小便がナイヤガラの滝のように流れ出る。壮大な光景だ。
「危機は去った」北林まどかは勝利宣言をした。だが、それはすこし早すぎたようだ。
 ガチャ。
 個室のドアを開けて出ると、無言の男が立っていた。北林まどかの顔は硬直した。無言で小便を出している音を聞いていたらしい。目つきがおかしい。
 キチガイだわ。
「あのう、ここは女子トイレですけど……」北林まどかは、この男がキチガイはキチガイでも、あまり他人に害を与えない『よくいる町内の変人』みたい人であることを祈って、まともなことを言ってみた。
「ウンコ」男が意外なこと言い出す。手にサツマイモみたいものを握っているのが見えた。もっとよく見ると、それは石のように硬くなったウンコだった。「石のように硬いよ」
 これはやばい。『町内の害のない変人』というレベルではないように思われる。
 ドン!
 そんなに力が強いタイプには見えなかったので、北林まどかは男を突き飛ばして逃げようとした。
 ガシッ!
 ところがあっさり男に捕まりねじ伏せられてしまった。男は巨乳女子大生の口を塞いで、今出てきたトイレの個室に引きづりこんだ。
「見た目より力が強いッ!」男のウンコ臭い手で口を塞がれながら、北林まどかは叫んだ。これが彼女の最後の言葉になった。

・ラーメン珍長

「ウンコキラーか」珍保長太郎は、ラーメン珍長のカウンターの中でつぶやいた。もごもごして滑舌が悪い。2m近い大男である。巨乳女子大生がウンコを持った精神異常者に襲われたマンションは、駅を挟んで反対側にある。珍保長太郎はそこの一階にある八百屋をよく利用していた。極端に安いのである。安いがもちろん質が良くない。おそらく、どこかで捨てられそうになっている『訳あり』の野菜をかき集めて売っているのではないか? または、もっとストレートに市場で捨てられてるゴミを拾ってきているのかもしれない。
 こりゃあ安いわい、と買ってきても、ニンジンなんかは根っこの先が腐っていたりする。だが、それを食うのは客なので珍保長太郎は、まったく気にしていなかった。
「代田橋殺人事件ですか、店長?」
 珍保長太郎は客に声をかけられて新聞から顔を上げた。不愉快な気分である。黙って睨みつけた。だが、客はまったく気にしなかった。
「実は口の中にウンコを詰め込まれて死んでいたらしいですよ。これは一般のニュースでは報道されていませんが。俺は情報通なのでヤバネタや裏情報はなんでも知っているんですよ、店長!」と、偉そうな顔で言ってるのは、常連客のバカ。もちろん、バカという名前の人間がこの世に存在しているわけがない。珍保長太郎が勝手につけたあだ名である。確か本名は新実大介と言った。何回目か来た時に誰も尋ねていないのに勝手に自己紹介を始めたのである。本当にウザい人間のクズだった。
「ウンコか……。ウンが悪かったってやつだな。ぎゃはっはっはっはっ」珍保長太郎は理性のかけらも感じられないような、思い切りくだらないギャグをとばせば、このバカも嫌になって帰るのではないかと期待して言った。
 一瞬、バカは無言になって店長を見つめた。それから、おおっ神よ!なんということだろう。破顔して爆笑してしまったのである。「ぶははははッ!さすが店長、ギャグセンスがいいですねッ!ハラワタがよじれるとはこのことですッ!」木のカウンターをドンドンと叩くバカ。
 しまった、このバカの頭のレベルにちょうどぴったりだったようだ。珍保長太郎は歯ぎしりをして悔しんだ。このバカは『ラーメン屋で店長と親しく会話をする常連客』になったつもりでいるのだろう。おそらく、どんなつまらないことを言っても、すべて爆笑する心構えでいるのではないか。

 心の底からこのバカが嫌いだッ!

 珍保長太郎は怒りに燃えて、髪の長い若い男を睨みつけた。だがバカはそんな店長のアピールに少しも気づかない。だから、バカと呼ばれているのであろう。
「それにしても、この近所に完全に気の狂った殺人鬼が野放しでいるなんで、興奮しますよね。これまで数人が殺され、さらに未解決事件のいくつかもこの犯人の仕業の可能性があると言われています。でも、きっともっと増えますよ。断言します。殺人は癖になるんです。猟奇犯罪研究家の俺が言うんだから間違いありません」力説するバカ。この『猟奇犯罪研究家』の内訳は、『マーダーケースブック』の全巻セットをヤフオクで買って読んだ、というだけのことらしい。これで研究家を名乗れるのなら、世の中、研究家だらけになって歩くこともできなくなるだろう。
「次はお前がウンコを食わされて死ねばいいのに」バカの目を見ながら珍保長太郎は率直な気持ちを伝えた。さすがにちょっと嫌な顔になるバカこと新実大介。

 よし、もう一押しだ、もう一押し嫌な気分にさせれば、このバカは二度と店に来なくなる……。がんばるぞ!

 珍保長太郎は、はやる気持ちを抑えて、バカが席を立って出て行くのを期待した。なるべく冷酷な顔をしていようと思ったが、珍保長太郎は単純なところがあるので期待が顔に出てしまいちょっと笑顔になってしまった。
 それを見てバカは『店長は俺を嫌いなのではなく、どのすぎたブラックジョークとして言ってるらしい』と、勝手に自分に都合をよく解釈した。このへんは本当にバカである。おろらく、軽度の知的障害があるのではないか?
「いや、連続殺人鬼というものはですね、秩序型と非秩序型という二通りにわかれるのですが、この犯人の場合、毎回、ウンコを食わせていますから秩序型なんですよ。だから、次回も殺されるのは女性になると思います。ほぼ、まちがいはありません」誰も聞いていないのにもかかわらず、一方的に講釈を垂れるバカ。薄気味悪いオタクに共通した特徴である。
「まあ俺はあきらかに非秩序型だな。この厨房の散らかり具合をみればよくわかる」
「まったく、その通りですよね、店長。ほんとうに人とか5、6人は殺していそうなふんいきがありますよね。ほんとうは殺ってるでしょ?ぎゃはははっ、げらげらげら」一人で爆笑するバカ。
「ほんとうに心の底からおもしろくもない」
 いらいらしてきたので、珍保長太郎はふつうに返した。バカは食うのが遅い。そのために、かんぜんに伸びきっているラーメンをまだ食っていた。珍保長太郎は、バカに食うのを中断させ襟首をつかまえ店の外にほおり投げようと決めた。手を伸ばして襟首を掴む。何事かと思ってバカが顔を上げた。
 グイッ!
 珍保長太郎はバカを手に持ったラーメンドンブリごと持ち上げた。
「うわっ」驚くバカ。
 それから、足で店の扉を開けて、全力で顔面からバカを代田橋駅前商店街のアスファルトの路上に叩きつけた。カランカラン。手にしていたラーメンドンブリが転がって走っていった。
「痛いッ痛いッ!」口から血を流して苦しむバカ。まな板の上のウナギのように、のたうちまわっている。前歯が何本か折れたようだ。商店街の通行人が何事かと思って周りに集まってきた。珍保長太郎はカーッと喉から痰を出して、ペッ!とバカの血だらけの顔面に吐きかけた。
「気分爽快であるッ!」と、珍保長太郎はさわやかに宣言して店の中に戻って扉を閉めた。
 
・熱愛恋人

 京王線の代田橋駅の北口を出て、左に曲がると大原稲荷神社がある。陰気で猥雑な感じの神社だ。神社というとありがたいものであるが、この神社はまったくありがたみを感じない。いかがわしいと言っても良いような雰囲気だ。なぜそうなのかはわからないが、そうなのだから仕方がない。ちょっと新宿の花園神社に似ている。こっちはまったくひとけはないのだが。
 そんなわけでここは熱愛した恋人たちの青姦のメッカである。深夜の2時。広い大原稲荷神社の境内の片隅に、ふたつのひとかげがあった。不倫中の中年カップルである。
「ああ、ユリ。愛しているよ」押川秀夫はそう言って、暗闇の中で女の身体をなでまわした。もちろん特に愛してるわけではないのだが、サービス精神が旺盛だったので、そういうことにしていた。
 ゆったりしたワンピースの胸をもまれて悶えるのが谷口ユリ。胸が大きすぎるのでぴったりした服は着れないとか。もちろん腹の肉もずいぶんと豊かだ。
「ユリのおっぱい、大きいね。はあはあ。とても柔らかいよ」鼻息の荒い押川。今日は二人で夕方から酒を飲んでいた。おかげですっかりベロンベロンである。ユリは女友達との飲み会に行く言って出てきていた。終電までには帰ろうと思っていたが、泥酔して押川に押し切られて終電を逃してしまった。
「そろそろ帰らなきゃ……タクシーで」ユリは興ざめのするようなことを言った。
「でも、チンポがこんなに硬くなってしまってるよ……。これじゃあ射精するまでは収まらないよ……。はあはあ」押川はユリの手を掴んで硬くなった股間に押し付けた。
「ああ、すごい。大蛇のように大きくなっている……」まんざらではないようすのユリ。押川はあたりのひとけをうかがいながら、思い切ってチンポコを出してユリの中に入れた。
「ああん、ああん」声を押し殺してあえぐユリ。そのうしろで押川は猿のように一生懸命に尻を振っていた。
「うう……、出る出る」青姦に興奮していたので、入れて30秒もしないうちにイキそうになってきた。
「ええ、もうなの?」愕然とするユリ。
「もう止まりません」ゴムをつけてなかったので、押川はいそいでチンポコを抜いた。さあ、外に射精するぞと身体が緊張したその刹那!
 シュッ!
 押川は股間になにか冷気のようなものを感じた。次の瞬間、それは火山が爆発したように熱くなった。ふと横を見ると大きなナイフを手にした男が立っていることに気がついた。暗い中でなぜ見えたかというと、反対の手に懐中電灯を持っていて、ナイフを照らしていたのである。続いて男は懐中電灯を押川の足元にむけた。
「チンポコが切れて落ちているッ!」押川は目で見たままのことを叫んでしまった。それほど、驚いたということである。また皮肉なことに発射寸前だったために、根元しか残っていない股間に射精感が湧き上がってきた。
 ドピューッ!ドピューッ!
「何が出るかと思ったら血が出てきたーッ!」しかしながらありがたいことに半分くらいは精液だった。だが、押川はあまり気持ち良さそうには見えなかった。「痛いッ!痛いッ!チンポコから精液のように血が出てるぞッ!血と精液がまざってピンク色だーッ!」
「ひいッ!」なにごとかとユリが振り返った。いつの間にか知らない男が横にいて、大きなナイフで押川の首を切り裂いていた。
「熱い!首筋がなにかで濡れている!」押川は自分の首に手を当てた。大量の血が溢れ出ていた。泥酔のために血圧が高くなっていたのだろう。噴水のように血が吹き出た。耳がキーンとするな、と押川は思った。血圧の関係で耳鳴りがしてるのだろうか。押川は意識を失い、くずれおちた。
 
・ウンコ・フェラチオ

「ひ……ひいい……」死んだ押川を見てユリは悲鳴をあげた。
「ウンコ・フェラチオ!」いやなことを言って男がにじり寄ってきた。あまり力があるようには見えない。ユリは元モデルだったので背が高い。思い切って男を突き飛ばして逃げようとした。
 ドンッ! ところがあっさり捕まった。
「思ったより力が強いッ!」男はユリの手首をがっしりと掴んだ。それから大きなナイフを振り上げ、勢いをつけて全力で手首の上に叩きつけた。
 ゴロンッ!とユリの片手が地面に転がった。またしても親切に男は懐中電灯で、それを照らしてよく見えるようにしてくれた。案外、いいやつかもしれない。ユリは驚きのあまり、数秒間は無言で落ちてる自分の手首を見ていた。それから絶叫しはじめた。
「ぎゃあああああああああああああっ!ぎゃあああああああああああああっ!」キチガイのような叫びとはこのことである。もっともな話だ。
 じょぼぼぼぼぼぼ……。
 恥ずかしい音を立ててユリが失禁する。セックスの途中だったのでノーパンだ。夕方からビールを飲み続けていたので大量のオシッコが出た。恥ずかしいが、それどころの騒ぎではなかった。
 にょっきり!
 男はズボンのチャックを開けてチンポコを出した。ずいぶんと小さい。発達障害がある人かもしれない。あきらかに日常的にセックスをしていないとわかる、短くて恥垢にまみれた臭くて汚いチンポコである。男は、その不潔なものを女の口に近づけた。
「う……ぐ……。うぐぐぐぐっ!」
 この世のものとは思えない汚いものを口に入れられて吐きそうになるユリ。チンポコなのにまるでウンコのかたまりのように臭い!
 ウンコ……。そういえば、最近、この近辺で口の中にウンコを詰めて殺す連続殺人事件が起きている。この男がそれだわ、とユリは身をもって確信した。
 じゅっぽん!じゅっぽん!そんなユリにかまわず、男はのどの奥深く何度もチンポを押し込んでは、動かしていた。ふだんのユリならば抵抗も試みようが、なにしろ片手がチョン切れて転がっている状態では、身体に力が入らない。ほとんどなすがままの肉人形になっていた。
 はあはあ……。
 男の興奮した荒い息。気持ちが良くなってきたらしい。ずっとセックスをしていない男なら、フェラチオをされるととても気持ちが良くなるだろう。そのために大量の射精をしてしまい、脱力状態に陥るのではないか? 逃げ出すならその時だ!とユリは思って、自分からも舌を使ってちょっとサービスをしてみた。
「ううっ出る出る……」男の身体がぷるぷるとプリンのように震え始めた。もうすぐ絶頂にたっする印だ。ユリはどんな臭い液体が出てくるか!かくごして待った。ところがそれは液体ではなかったのである。
「でっ出るッ!」男はユリの口からチンポコを抜いて、なぜかいきなり後ろを向いて、お尻を出した。そして、ああ、神よ!男はおぞましいことに肛門をユリの口に押し付けた。
「ウンコが出たーーーーーーーーーーーーーーッ!」男は絶叫して排便した。ブリブリブリブリ!ブリブリブリブリ! 精液とは違う、それよりもっと嫌なものが大量にのどの奥に流れ込んで来た。しかも、そのウンコが、どこまでも出る!量が多いのである。便秘気味なのであろうか。まるで一週間も大腸の中にたまっていてカチンコチンに固まっているような硬いウンコがどこまでも入って来る。
 息が出来ない……。飲み込むしかなかった。『チンポが汚い』どころのレベルの話ではない。相手はウンコである。ほんとうに嫌だったが、ユリはゴクンゴクンをウンコを飲み続けた。次々と胃の中にウンコが送り込まれてくる。だが、人間はそんなに大量のウンコを飲み込むようには出来ていない。しかも、下痢便ならともかく……それもかなり嫌だが……カチコチの便秘大便である。コンクリートを飲み込むようなものだ。たちまち、ウンコが口と喉に詰まり始めた。
「ウグッ……ウグッ……」酸素を求めてユリの肺が空気を吸おうと痙攣して震える。だが入って来るのはウンコばかり……。ウンコを吸っても人類は呼吸が出来ない。
 
 硬いウンコ……。

 ユリはウンコの硬さのことを考えながら、あの世に旅立って行った。人類が遭遇しうる最悪の死に方の一つであろう。



ハムスター

あらすじ

代田橋でウンコを口に詰めて殺す『ウンコキラー』による連続殺人が起きていた。犯人だと疑われたラーメン屋店主、珍保長太郎は真犯人を見つけるべく、孤独な戦いを始めた!

登場人物

珍保長太郎 :『ラーメン珍長』店主
バカ :新実大介
刑事青赤:
刑事青、青田剛
刑事赤、赤井達也
ミザリー、神保千穂
キャリー、小杉浩子
死にかけ老人、
大山田統一郎
北林まどか
関連記事
↓amazonで販売中↓
↓各書店で販売中↓
 
↑漫画ブログランキングです↑
人気記事ランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。